アシュタンガヨガ

アシュタンガヨガのページを説明

カテゴリ
エステ用語の解説「あ」行
エステ用語の解説「い」行
エステ用語の解説「お」行
エステ用語の解説「え」行
エステ用語の解説「か」行
エステ用語の解説「さ」行
エステ用語の解説「し」行
エステ用語の解説「す」行
エステ用語の解説「た」行
エステ用語の解説「は」行
エステ用語の解説「ま」行
エステ用語の解説「や」行
エステ用語の解説「ら」行
エステ用語の解説「わ」行
サイトマップ
新着記事一覧

アシュタンガヨガ

エステとは、「エステティックサロン」を省略した読み方です。脱毛痩身フェイシャルを中心にした美容のための施設です。マッサージや風俗的な店舗に対しても使用されるようです。エステはその分類によって様々なものがあり、脱毛エステ痩身エステブライダルエステメンズエステインドエステバリエステ韓国エステなど様々なエステがあります。繰り返しになりますが、風俗エステデート商法エステ性感エステなど本来の目的とは逸脱したエステも存在しますので注意が必要です。エステナビエステ ファンなどのサイトもあります。男性向けにメンズエステ ダンディー ハウスがあります。このページで紹介するエステ用語は「アシュタンガヨガ」です。


アシュタンガヨガとは、インドのSri K Pattabhi Jois(パタビ・ジョイス師)がアシュタンガという8本の枝とともにわかりやすくまとめ、指導している世界的に有名なヨガです。パワフルな動きとポーズ、それらを呼吸に合わせて速いテンポでつなげていくスタイルで積極的にカラダを動かすのが特徴です。アシュタンガとはおよそ2,500年前、ヨガの聖者パタンジャリによって作られたといわれるヨガの根本経典の第二章に書かれてあるヨガの実践8部門のこと。
1.禁戒(ヤマ)Yama:他の人や物に対して守るべき行動パターン5つ(暴力を振るわない・盗まない・ 正直になる・性的欲求に溺れない・物質欲にとらわれない)
2.勧戒(ニヤマ)Niyama:自分に対して守るべき行動パターン5つ(清潔を保つ・必要以上贅沢をしない・ 自分を鍛錬する・精神向上に努める・献身的な気持ちを持つ)
3.坐法(アサナ)Asana:瞑想の為のポーズを練習する
4.調気(プラナヤマ)Pranayama:呼吸をコントロール
5.制感(プラティヤハラ) Pratyahara:感覚を閉じ込めて周りの物が気にならなくなる
6.凝念(ダラナ)Dharana:集中力
7.静虜(ディヤナ)Dhyana:落ち着きのある静かな"

スポンサードリンク

エステ用語解説のアシュタンガヨガのリンクについて

エステ用語解説のアシュタンガヨガのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]アプライドキネシオロジー
>>[次]アーユルヴェーダ
エステ用語解説のTOPへ
"アシュタンガヨガ"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。