アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダのページを説明

カテゴリ
エステ用語の解説「あ」行
エステ用語の解説「い」行
エステ用語の解説「お」行
エステ用語の解説「え」行
エステ用語の解説「か」行
エステ用語の解説「さ」行
エステ用語の解説「し」行
エステ用語の解説「す」行
エステ用語の解説「た」行
エステ用語の解説「は」行
エステ用語の解説「ま」行
エステ用語の解説「や」行
エステ用語の解説「ら」行
エステ用語の解説「わ」行
サイトマップ
新着記事一覧

アーユルヴェーダ

エステとは、「エステティックサロン」を省略した読み方です。脱毛痩身フェイシャルを中心にした美容のための施設です。マッサージや風俗的な店舗に対しても使用されるようです。エステはその分類によって様々なものがあり、脱毛エステ痩身エステブライダルエステメンズエステインドエステバリエステ韓国エステなど様々なエステがあります。繰り返しになりますが、風俗エステデート商法エステ性感エステなど本来の目的とは逸脱したエステも存在しますので注意が必要です。エステナビエステ ファンなどのサイトもあります。男性向けにメンズエステ ダンディー ハウスがあります。このページで紹介するエステ用語は「アーユルヴェーダ」です。

アーユルヴェーダとは、インドで5000年以上も昔から今日まで脈々と受け継がれている、伝統医学のことです。世界最古の伝統医学として世界保護機構(WHO)から認定もされています。アユルヴェーダとは、サンスクリット語で生命の科学という意味をあらわします。アーユルヴェーダは、西洋医学のように病気になってからそれを治療するというスタイルではなく、病気を予防し、健康を維持していくこと、病気になる原因を取り除いていくこと、すなわち予防医学のスタイルをとっているのが大きな特徴です。具体的には、アーユルヴェーダにおける生命エネルギーをあらわすドーシャ(カパ、ピッタ、ヴァータ)のバランスを保つことが、病気を予防し、健康を維持することになります。日本においては、エステやマッサージとしてのイメージが強いですが、最近は、デトックスが話題になっていることもあり、アーユルヴェーダの治療法の一つであるパンチャ・カルマ(毒素を浄化する方法)が注目を浴びています。

スポンサードリンク

エステ用語解説のアーユルヴェーダのリンクについて

エステ用語解説のアーユルヴェーダのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]アシュタンガヨガ
>>[次]アロマテラピー(トリートメント)
エステ用語解説のTOPへ
"アーユルヴェーダ"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。