アロマテラピー(トリートメント)

アロマテラピー(トリートメント)のページを説明

カテゴリ
エステ用語の解説「あ」行
エステ用語の解説「い」行
エステ用語の解説「お」行
エステ用語の解説「え」行
エステ用語の解説「か」行
エステ用語の解説「さ」行
エステ用語の解説「し」行
エステ用語の解説「す」行
エステ用語の解説「た」行
エステ用語の解説「は」行
エステ用語の解説「ま」行
エステ用語の解説「や」行
エステ用語の解説「ら」行
エステ用語の解説「わ」行
サイトマップ
新着記事一覧

アロマテラピー(トリートメント)

エステとは、「エステティックサロン」を省略した読み方です。脱毛痩身フェイシャルを中心にした美容のための施設です。マッサージや風俗的な店舗に対しても使用されるようです。エステはその分類によって様々なものがあり、脱毛エステ痩身エステブライダルエステメンズエステインドエステバリエステ韓国エステなど様々なエステがあります。繰り返しになりますが、風俗エステデート商法エステ性感エステなど本来の目的とは逸脱したエステも存在しますので注意が必要です。エステナビエステ ファンなどのサイトもあります。男性向けにメンズエステ ダンディー ハウスがあります。このページで紹介するエステ用語は「アロマテラピー(トリートメント)」です。

アロマテラピー(トリートメント)とは、植物から抽出したエッセンシャルオイル(精油)の香りや有効成分を利用した健康法、または治療法のことをいいます。芳香療法ともいわれます。アロマセラピーのうちの一つであるアロマセラピートリートメントとは、オイルトリートメントの一つです。エッセンシャルオイル(精油)をホホバオイルなどの植物油で薄めた上で、素肌にすりこむように、マッサージしつつ、身体と心のこりを解きほぐしていきます。ホホバオイルなどをキャリアオイルとすることで、エッセンシャルオイルが持つ有効成分を効率良く、皮膚から吸収させることができるのです。エッセンシャルオイルの香り、有効成分は吸気とともに、肺や気管支、そして鼻粘膜から血液に入ります。皮膚から吸収された有効成分は毛細血管やリンパ管を通して、体を循環していきます。そのことにより、体の組織が本来もつ自然治癒力を高める効果があります。これにより健康増進はもとより、美容への効果が期待できます。具体的には、リンパや血液の流れがよくなり、むくみの原因ともなる老廃物や不必要な水分の排出を促す効果や、心と体の緊張をほぐす効果もあります。

スポンサードリンク

エステ用語解説のアロマテラピー(トリートメント)のリンクについて

エステ用語解説のアロマテラピー(トリートメント)のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]アーユルヴェーダ
>>[次]アロマテラピー(メンタルケア)
エステ用語解説のTOPへ
"アロマテラピー(トリートメント)"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。