あんま・マッサージ

あんま・マッサージのページを説明

カテゴリ
エステ用語の解説「あ」行
エステ用語の解説「い」行
エステ用語の解説「お」行
エステ用語の解説「え」行
エステ用語の解説「か」行
エステ用語の解説「さ」行
エステ用語の解説「し」行
エステ用語の解説「す」行
エステ用語の解説「た」行
エステ用語の解説「は」行
エステ用語の解説「ま」行
エステ用語の解説「や」行
エステ用語の解説「ら」行
エステ用語の解説「わ」行
サイトマップ
新着記事一覧

あんま・マッサージ

エステとは、「エステティックサロン」を省略した読み方です。脱毛痩身フェイシャルを中心にした美容のための施設です。マッサージや風俗的な店舗に対しても使用されるようです。エステはその分類によって様々なものがあり、脱毛エステ痩身エステブライダルエステメンズエステインドエステバリエステ韓国エステなど様々なエステがあります。繰り返しになりますが、風俗エステデート商法エステ性感エステなど本来の目的とは逸脱したエステも存在しますので注意が必要です。エステナビエステ ファンなどのサイトもあります。男性向けにメンズエステ ダンディー ハウスがあります。このページで紹介するエステ用語は「あんま・マッサージ」です。

あんま・マッサージとは、奈良時代に中国から伝わったあんま(按摩)と、明治時代にフランスから伝わり、紀元前のヨーロッパ・古代ギリシャ時代に生み出されたマッサージと融合し独自の発展を遂げた技法です。あんま(按摩)とマッサージの大きな違いは、内から外に向かう遠心性(指先に向かう施術)で行い、クリームなどの薬品を使わないあんま(按摩)に対して、マッサージは、クリームやオイルなどを使い、外から内の求心性(心臓部に向かう施術)で行ないます。昭和22年(1947年)に厚生大臣認定の国家資格になり、まとめて呼ばれるようになりました。主な効能・効果は、慢性の筋・関節リウマチ、捻挫、打撲、挫傷、筋の萎縮・浮腫、末梢神経麻痺後の筋の栄養・循環障害、瘢痕と癒着、変形の矯正、関節炎、抹消血管不全、神経痛、線維組織炎、疲労、便秘など。

スポンサードリンク

エステ用語解説のあんま・マッサージのリンクについて

エステ用語解説のあんま・マッサージのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]アロマテラピー(メンタルケア)
>>[次]アンチエイジング
エステ用語解説のTOPへ
"あんま・マッサージ"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。