オーラソーマ

オーラソーマのページを説明

カテゴリ
エステ用語の解説「あ」行
エステ用語の解説「い」行
エステ用語の解説「お」行
エステ用語の解説「え」行
エステ用語の解説「か」行
エステ用語の解説「さ」行
エステ用語の解説「し」行
エステ用語の解説「す」行
エステ用語の解説「た」行
エステ用語の解説「は」行
エステ用語の解説「ま」行
エステ用語の解説「や」行
エステ用語の解説「ら」行
エステ用語の解説「わ」行
サイトマップ
新着記事一覧

オーラソーマ

エステとは、「エステティックサロン」を省略した読み方です。脱毛痩身フェイシャルを中心にした美容のための施設です。マッサージや風俗的な店舗に対しても使用されるようです。エステはその分類によって様々なものがあり、脱毛エステ痩身エステブライダルエステメンズエステインドエステバリエステ韓国エステなど様々なエステがあります。繰り返しになりますが、風俗エステデート商法エステ性感エステなど本来の目的とは逸脱したエステも存在しますので注意が必要です。エステナビエステ ファンなどのサイトもあります。男性向けにメンズエステ ダンディー ハウスがあります。このページで紹介するエステ用語は「オーラソーマ」です。

オーラソーマとは、カラーセラピーの一つです。カラーセラピーとは、色を日常生活に取り入れることによって、身体や心を癒すヒーリングの方法のことをいいます。色彩療法、または色彩治療法ともいわれます。そのうちの一つであるオーラソーマは、色と光を用いた新しいカラーセラピーということができます。1983年、イギリスのヴィッキー・ウォールという女性によって、オーラソーマは世に出ることになりました。オーラはラテン語で光を、ソーマはギリシャ語で身体を意味しています。「あなたが選ぶ色があなた自身なのです」のフレーズがあらわすように、上下二層に分かれた106本のカラーボトル(イクイリブリアム)の中から、直感で4本選び、それをもとに、自分の性格、才能、深層心理、本当の自分、そして人生の目的といったことを知ることができます。従来のカラーセラピーのようにセラピーにとどまらず、個人の意識の進化、そして個性を導き出すためのツールとして位置づけられていて、その中心であるイクイリブリアムの他、ポマンダー、クイントエッセンスといったプロダクトを含めた上で、カラーケアシステムと呼ばれています。

スポンサードリンク

エステ用語解説のオーラソーマのリンクについて

エステ用語解説のオーラソーマのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]インディアンヘッドマッサージ
>>[次]オイルトリートメント
エステ用語解説のTOPへ
"オーラソーマ"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。