カウンセリング

カウンセリングのページを説明

カテゴリ
エステ用語の解説「あ」行
エステ用語の解説「い」行
エステ用語の解説「お」行
エステ用語の解説「え」行
エステ用語の解説「か」行
エステ用語の解説「さ」行
エステ用語の解説「し」行
エステ用語の解説「す」行
エステ用語の解説「た」行
エステ用語の解説「は」行
エステ用語の解説「ま」行
エステ用語の解説「や」行
エステ用語の解説「ら」行
エステ用語の解説「わ」行
サイトマップ
新着記事一覧

カウンセリング

エステとは、「エステティックサロン」を省略した読み方です。脱毛痩身フェイシャルを中心にした美容のための施設です。マッサージや風俗的な店舗に対しても使用されるようです。エステはその分類によって様々なものがあり、脱毛エステ痩身エステブライダルエステメンズエステインドエステバリエステ韓国エステなど様々なエステがあります。繰り返しになりますが、風俗エステデート商法エステ性感エステなど本来の目的とは逸脱したエステも存在しますので注意が必要です。エステナビエステ ファンなどのサイトもあります。男性向けにメンズエステ ダンディー ハウスがあります。このページで紹介するエステ用語は「カウンセリング」です。

カウンセリング(counseling)とは、依頼者が、専門家との話し合いを通じて自分の問題を相談したり、それについて助言を受けたりすることを指す。ただの相談ではなく、カウンセラーは、専門的な技法を用います。基本的に、「お話」がメインです。カウンセリングと向精神薬(抗不安薬・睡眠導入剤など。この場合は医師の処方が必要になる)が併用されることもあります。現在、日本の精神科の個人医院では、薬物を処方できる精神科診断と、カウンセリング・ルームを併設しているところも多くあります。向精神薬は、すぐ効果が表れるが、カウンセリングは、効果が表れてくるのに時間がかかるものです。むしろ、その効果を疑問視する研究結果さえあります。宗教や地域共同体、家族の機能が低下してくるにつれ、こうした専門家によるこころの相談業務は、良くも悪くも拡大していくことは避けられません。

スポンサードリンク

エステ用語解説のカウンセリングのリンクについて

エステ用語解説のカウンセリングのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]岩盤浴
>>[次]気功
エステ用語解説のTOPへ
"カウンセリング"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。