岩盤浴

岩盤浴のページを説明

カテゴリ
エステ用語の解説「あ」行
エステ用語の解説「い」行
エステ用語の解説「お」行
エステ用語の解説「え」行
エステ用語の解説「か」行
エステ用語の解説「さ」行
エステ用語の解説「し」行
エステ用語の解説「す」行
エステ用語の解説「た」行
エステ用語の解説「は」行
エステ用語の解説「ま」行
エステ用語の解説「や」行
エステ用語の解説「ら」行
エステ用語の解説「わ」行
サイトマップ
新着記事一覧

岩盤浴

エステとは、「エステティックサロン」を省略した読み方です。脱毛痩身フェイシャルを中心にした美容のための施設です。マッサージや風俗的な店舗に対しても使用されるようです。エステはその分類によって様々なものがあり、脱毛エステ痩身エステブライダルエステメンズエステインドエステバリエステ韓国エステなど様々なエステがあります。繰り返しになりますが、風俗エステデート商法エステ性感エステなど本来の目的とは逸脱したエステも存在しますので注意が必要です。エステナビエステ ファンなどのサイトもあります。男性向けにメンズエステ ダンディー ハウスがあります。このページで紹介するエステ用語は「岩盤浴」です。
岩盤浴とは、高温多湿の日本では、古代より温泉やお風呂は、生活に密着した心身共に癒される健康回復の場でした。しかし、設備の老朽化や、温泉施設の全国的な飽和状態の中で、維持管理やリニューアルに莫大な経費が必要になってきているのが、現状です。 今温泉と同様の効果、効能があり、より体の負担が少ない施設として、注目を浴びているのが、「お湯のないお風呂」、つまり 岩盤浴 施設です。温められた石の上に火傷をしない様にムシロやタオルを敷き、着衣のまま寝転び、汗をおもいっきり出すというもので、温泉堀削や、浴槽も必要ありません。また、設備やランニングコストが圧倒的に安く、まさに運営側と利用者双方の夢に応える事のできる、新しい時代の施設です。<岩盤浴の特長>・既存浴場と違い、大量のお湯を使いません。しかも、お湯につかる浴槽も不要です。 ・温泉入浴と同様の癒し効果と、発汗感を提供できます。 ・水圧がかからない為、体の弱い方でも身体に負担がかかりません。 ・施工が簡単ですから、早期にしかも小予算で実現できます。 ・新規事業として、また既存施設との組み合わせなど、可能性は無限ともいえます。

スポンサードリンク

エステ用語解説の岩盤浴のリンクについて

エステ用語解説の岩盤浴のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]カイロプラクティック
>>[次]カウンセリング
エステ用語解説のTOPへ
"岩盤浴"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。