小児鍼

小児鍼のページを説明

カテゴリ
エステ用語の解説「あ」行
エステ用語の解説「い」行
エステ用語の解説「お」行
エステ用語の解説「え」行
エステ用語の解説「か」行
エステ用語の解説「さ」行
エステ用語の解説「し」行
エステ用語の解説「す」行
エステ用語の解説「た」行
エステ用語の解説「は」行
エステ用語の解説「ま」行
エステ用語の解説「や」行
エステ用語の解説「ら」行
エステ用語の解説「わ」行
サイトマップ
新着記事一覧

小児鍼

エステとは、「エステティックサロン」を省略した読み方です。脱毛痩身フェイシャルを中心にした美容のための施設です。マッサージや風俗的な店舗に対しても使用されるようです。エステはその分類によって様々なものがあり、脱毛エステ痩身エステブライダルエステメンズエステインドエステバリエステ韓国エステなど様々なエステがあります。繰り返しになりますが、風俗エステデート商法エステ性感エステなど本来の目的とは逸脱したエステも存在しますので注意が必要です。エステナビエステ ファンなどのサイトもあります。男性向けにメンズエステ ダンディー ハウスがあります。このページで紹介するエステ用語は「小児鍼」です。

小児鍼(小児バリ)とは、新生児から8歳位までの子供に対しての針治療のことをいいます。主に小児神経症(疳の虫)や夜泣きに効果を発揮します。小児神経症とは、心と身体の成長のバランスがうまくとれないときに起こる、子供のヒステリー症状です。小児針は、子どものツボを刺激することで、こころと体のバランスを整えて、夜泣きなど、こども特有の症状を改善させます。はりといっても、通常のはり治療とは異なり、刺す鍼は使用しません。金属製の棒で、つぼへの接触や皮膚をなでたりすることで治療を行います。夜泣きや疳の虫のほか、小児はりは、食欲不振、下痢、便秘、発熱、夜尿症、蓄膿症、中耳炎、鼻炎、吃音、チック症、夜尿症などの改善が期待できます。

スポンサードリンク

エステ用語解説の小児鍼のリンクについて

エステ用語解説の小児鍼のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]柔道整復(接骨・整骨・ほねつぎ)
>>[次]植物脱毛フィトエピラシオン
エステ用語解説のTOPへ
"小児鍼"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。