吸玉療法

吸玉療法のページを説明

カテゴリ
エステ用語の解説「あ」行
エステ用語の解説「い」行
エステ用語の解説「お」行
エステ用語の解説「え」行
エステ用語の解説「か」行
エステ用語の解説「さ」行
エステ用語の解説「し」行
エステ用語の解説「す」行
エステ用語の解説「た」行
エステ用語の解説「は」行
エステ用語の解説「ま」行
エステ用語の解説「や」行
エステ用語の解説「ら」行
エステ用語の解説「わ」行
サイトマップ
新着記事一覧

吸玉療法

エステとは、「エステティックサロン」を省略した読み方です。脱毛痩身フェイシャルを中心にした美容のための施設です。マッサージや風俗的な店舗に対しても使用されるようです。エステはその分類によって様々なものがあり、脱毛エステ痩身エステブライダルエステメンズエステインドエステバリエステ韓国エステなど様々なエステがあります。繰り返しになりますが、風俗エステデート商法エステ性感エステなど本来の目的とは逸脱したエステも存在しますので注意が必要です。エステナビエステ ファンなどのサイトもあります。男性向けにメンズエステ ダンディー ハウスがあります。このページで紹介するエステ用語は「吸い玉療法」です。

吸い玉療法は数千年の歴史をもつ中国の民間療法の一つで、中国では今でも家庭で愛好する人はかなり多いです。吸玉療法は,拔罐療法, 吸覺療法ともいい,皮膚に吸着させ、刺激を与えることによって、血液の循環をはかり、血行をよくします。吸玉療法は体内組織の改善により筋肉のコリなどをほぐします。昔は竹の木を使っていたが、いまはガラス製やプラスチックのものがほとんどです。この治療の長所は局所治療とはいいながらかなり広い領域の血行改善を行えること。比較的安全であること。鍼と灸を合わせたような効果が出ること。わりと簡単に行えることなどです。短所としては皮膚に長く跡が残ること。体力のない患者には行いにくいこと。皮膚疾患のヒトには適さない。治療部位が広いため必要でないところ治療範囲に入ることがあるなどです。<吸玉療法・カッピング療法の効果>・血液を綺麗にする ・血行をよくする ・免疫力を高まる ・皮膚の若さを保つ ・内臓諸器官を活発にする ・自律神経を調整する ・マッサージ効果

スポンサードリンク

エステ用語解説の吸玉療法のリンクについて

エステ用語解説の吸玉療法のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]植物脱毛フィトエピラシオン
>>[次]推拿(すいな)
エステ用語解説のTOPへ
"吸玉療法"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。