ハーブボールセラピー

ハーブボールセラピーのページを説明

カテゴリ
エステ用語の解説「あ」行
エステ用語の解説「い」行
エステ用語の解説「お」行
エステ用語の解説「え」行
エステ用語の解説「か」行
エステ用語の解説「さ」行
エステ用語の解説「し」行
エステ用語の解説「す」行
エステ用語の解説「た」行
エステ用語の解説「は」行
エステ用語の解説「ま」行
エステ用語の解説「や」行
エステ用語の解説「ら」行
エステ用語の解説「わ」行
サイトマップ
新着記事一覧

ハーブボールセラピー

エステとは、「エステティックサロン」を省略した読み方です。脱毛痩身フェイシャルを中心にした美容のための施設です。マッサージや風俗的な店舗に対しても使用されるようです。エステはその分類によって様々なものがあり、脱毛エステ痩身エステブライダルエステメンズエステインドエステバリエステ韓国エステなど様々なエステがあります。繰り返しになりますが、風俗エステデート商法エステ性感エステなど本来の目的とは逸脱したエステも存在しますので注意が必要です。エステナビエステ ファンなどのサイトもあります。男性向けにメンズエステ ダンディー ハウスがあります。このページで紹介するエステ用語は「ハーブボールセラピー」です。

ハーブボールセラピーはタイ古式マッサージの技術の一つです。ハーブボールはクライアントの体質に合わせたハーブを10〜20種類ほどブレンドし、布で包みボール状にしたものです。このハーブボールを蒸して、温かくなったら体に直接あててトリートメントします。タイ古式マッサージは、インドの「アーユルヴェーダ」、中国の「トゥイ・ナー」、日本の「指圧」と類似した技法体系を持っています。人体には72,000もの見えないエナジーラインがあると考えられており、これをセン(SEN)と呼んでいます。このエナジーラインのうちもっとも重要と思われる10本に、いわゆる「ツボ押し」と「ストレッチ」行うのが特徴です。具体的には手掌圧迫と圧迫移動、ヨガ技法を導入した筋肉の伸縮、背骨、骨盤、関節などのストレッチのことです。このマッサージに薬草玉(ハーブボール)を使った技術のことを特にハーブボールセラピーと呼んでいます。不調の根源は足にあるという考えから、マッサージは足から始まります。関節の付け根を押さえ、血の巡りを一瞬止めるなど、血液コントロールを行いながら、徐々に身体の上部へ向かって全身をほぐしていきます。

スポンサードリンク

エステ用語解説のハーブボールセラピーのリンクについて

エステ用語解説のハーブボールセラピーのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]バウエル
>>[次]パラフィンパック
エステ用語解説のTOPへ
"ハーブボールセラピー"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。