ヒプノセラピー

ヒプノセラピーのページを説明

カテゴリ
エステ用語の解説「あ」行
エステ用語の解説「い」行
エステ用語の解説「お」行
エステ用語の解説「え」行
エステ用語の解説「か」行
エステ用語の解説「さ」行
エステ用語の解説「し」行
エステ用語の解説「す」行
エステ用語の解説「た」行
エステ用語の解説「は」行
エステ用語の解説「ま」行
エステ用語の解説「や」行
エステ用語の解説「ら」行
エステ用語の解説「わ」行
サイトマップ
新着記事一覧

ヒプノセラピー

エステとは、「エステティックサロン」を省略した読み方です。脱毛痩身フェイシャルを中心にした美容のための施設です。マッサージや風俗的な店舗に対しても使用されるようです。エステはその分類によって様々なものがあり、脱毛エステ痩身エステブライダルエステメンズエステインドエステバリエステ韓国エステなど様々なエステがあります。繰り返しになりますが、風俗エステデート商法エステ性感エステなど本来の目的とは逸脱したエステも存在しますので注意が必要です。エステナビエステ ファンなどのサイトもあります。男性向けにメンズエステ ダンディー ハウスがあります。このページで紹介するエステ用語は「ヒプノセラピー」です。

ヒプノセラピー(催眠療法)とは、催眠状態を使って潜在意識に直接働きかけることにより、心理的・身体的問題を改善、解消していく効果的な心理療法の1つです。 ヒプノセラピー(催眠療法)は、ユングやフロイトの提唱した深層心理学を根源とし、催眠状態を利用して潜在意識に働きかけ、心理的な問題(=悩み)や心因的な症状を改善する心理療法です。ヒプノセラピーの先進国である米国では、1950年代に「療法」として医師会によって正式に承認されており、その効果は様々な分野で実証されています。近年、日本でも心理医療の分野において「応用範囲が広く即効性のある療法」として注目されています。また、ヒプノセラピーの具体的なメリットとしては、薬物のような副作用がないため患者への負担が少ないことや、患者の症状や体調、アレルギー等の体質的問題、また年齢や体力等の条件に左右されずに一定のケアが可能なこと、効果や快復状況・目的などに応じて臨機応変に方法が変更できることなどが挙げられています。<ヒプノセラピーの目的>ヒプノセラピー(催眠療法)では、顕在意識の弱まる催眠状態でこの潜在意識にアクセスします。

スポンサードリンク

エステ用語解説のヒプノセラピーのリンクについて

エステ用語解説のヒプノセラピーのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]ピーリング
>>[次]ファンゴパック
エステ用語解説のTOPへ
"ヒプノセラピー"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。