ピーリング

ピーリングのページを説明

カテゴリ
エステ用語の解説「あ」行
エステ用語の解説「い」行
エステ用語の解説「お」行
エステ用語の解説「え」行
エステ用語の解説「か」行
エステ用語の解説「さ」行
エステ用語の解説「し」行
エステ用語の解説「す」行
エステ用語の解説「た」行
エステ用語の解説「は」行
エステ用語の解説「ま」行
エステ用語の解説「や」行
エステ用語の解説「ら」行
エステ用語の解説「わ」行
サイトマップ
新着記事一覧

ピーリング

エステとは、「エステティックサロン」を省略した読み方です。脱毛痩身フェイシャルを中心にした美容のための施設です。マッサージや風俗的な店舗に対しても使用されるようです。エステはその分類によって様々なものがあり、脱毛エステ痩身エステブライダルエステメンズエステインドエステバリエステ韓国エステなど様々なエステがあります。繰り返しになりますが、風俗エステデート商法エステ性感エステなど本来の目的とは逸脱したエステも存在しますので注意が必要です。エステナビエステ ファンなどのサイトもあります。男性向けにメンズエステ ダンディー ハウスがあります。このページで紹介するエステ用語は「ピーリング」です。

ピーリングとは、ケミカルピーリングを始めとした美容法、美容治療の一つ。ピーリングとは、もともと「皮を剥く事、剥がす」という意味があり、表皮をいったん剥がして再生させる事で皮膚のトラブルを解消させることができる。ピーリングにより、ニキビ、ニキビ跡、肌のくすみ、小ジワなどが改善され、一般にベビースキンになると言われている。ピーリングの歴史は古く、クレオパトラの時代から行われていたと言われていますし、ルイ14世もワインを用いて行っていたとも言われています。(その頃は、ピーリングという意識ではなく、牛乳やワインなどを使うとお肌がすべすべする、調子が良いなどの経験的なものだったと思われます)ピーリングが治療法として確立されたのが、1882年(ドイツ)で、更に研究が重ねられて、一般的に治療が行われるようになった1950年代にはアメリカで大流行しました。この当時のものは非常に作用が強いもので、黄色人種である日本人の肌質には施術後に赤みがとれないなど副作用もあり、あまり受け入れられませんでしたが、その後の改良、発達の結果、現在のピーリング方法が主流となりました。<ピーリングの種類>・フルーツ酸

スポンサードリンク

エステ用語解説のピーリングのリンクについて

エステ用語解説のピーリングのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]ピラティス
>>[次]ヒプノセラピー
エステ用語解説のTOPへ
"ピーリング"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。