ホットストーンセラピー

ホットストーンセラピーのページを説明

カテゴリ
エステ用語の解説「あ」行
エステ用語の解説「い」行
エステ用語の解説「お」行
エステ用語の解説「え」行
エステ用語の解説「か」行
エステ用語の解説「さ」行
エステ用語の解説「し」行
エステ用語の解説「す」行
エステ用語の解説「た」行
エステ用語の解説「は」行
エステ用語の解説「ま」行
エステ用語の解説「や」行
エステ用語の解説「ら」行
エステ用語の解説「わ」行
サイトマップ
新着記事一覧

ホットストーンセラピー

エステとは、「エステティックサロン」を省略した読み方です。脱毛痩身フェイシャルを中心にした美容のための施設です。マッサージや風俗的な店舗に対しても使用されるようです。エステはその分類によって様々なものがあり、脱毛エステ痩身エステブライダルエステメンズエステインドエステバリエステ韓国エステなど様々なエステがあります。繰り返しになりますが、風俗エステデート商法エステ性感エステなど本来の目的とは逸脱したエステも存在しますので注意が必要です。エステナビエステ ファンなどのサイトもあります。男性向けにメンズエステ ダンディー ハウスがあります。このページで紹介するエステ用語は「ホットストーンセラピー」です。

ホットストーンセラピーは、湯で温めた石とオイルを使用して行う自然療法の一つです。ホットストーンに使用するのは、アメリカのアリゾナ州やハワイ州の火山流からできた火山岩である玄武岩です。湯で50℃〜60℃位に温めて、アロマセラピーマッサージ、スエディッシュマッサージ、バリニーズマッサージ、リフレクソロジー、フェイシャル、フットケア、ネイル、ペディキュア等の技法と石を組み合わせて体に直接マッサージを行います。石の持つ遠赤外線効果により血行がよくなり、自己治癒力が高まると言われています。ストーンを選ぶ時は、よく研磨が行き届いたもの、またマッサージに使用する場合には必ずペアの石を選ぶこと、熱を吸収しやすく組織密度の高い石を選ぶことが必要です。

スポンサードリンク

エステ用語解説のホットストーンセラピーのリンクについて

エステ用語解説のホットストーンセラピーのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]ホットヨガ
>>[次]ボディカラーリング
エステ用語解説のTOPへ
"ホットストーンセラピー"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。