ボールエクササイズ(バランスボール)

ボールエクササイズ(バランスボール)のページを説明

カテゴリ
エステ用語の解説「あ」行
エステ用語の解説「い」行
エステ用語の解説「お」行
エステ用語の解説「え」行
エステ用語の解説「か」行
エステ用語の解説「さ」行
エステ用語の解説「し」行
エステ用語の解説「す」行
エステ用語の解説「た」行
エステ用語の解説「は」行
エステ用語の解説「ま」行
エステ用語の解説「や」行
エステ用語の解説「ら」行
エステ用語の解説「わ」行
サイトマップ
新着記事一覧

ボールエクササイズ(バランスボール)

エステとは、「エステティックサロン」を省略した読み方です。脱毛痩身フェイシャルを中心にした美容のための施設です。マッサージや風俗的な店舗に対しても使用されるようです。エステはその分類によって様々なものがあり、脱毛エステ痩身エステブライダルエステメンズエステインドエステバリエステ韓国エステなど様々なエステがあります。繰り返しになりますが、風俗エステデート商法エステ性感エステなど本来の目的とは逸脱したエステも存在しますので注意が必要です。エステナビエステ ファンなどのサイトもあります。男性向けにメンズエステ ダンディー ハウスがあります。このページで紹介するエステ用語は「ボールエクササイズ」です。


ダイエットの方法としてボールエクセサイズが注目されています。バランスボールトレーニングには、大きく2つの効果があります。1つは「体のゆがみを直す」、もう1つは「バランスのいい筋肉の状態をとり戻す」ことです。バランスボールで鍛えられる筋肉は、筋トレで鍛えられるアウターマッスル(大胸筋、腹筋、大殿筋といった、大きな筋肉)よりも中にある、インナーマッスルという小さな筋肉です。つまり残念ながら、バランスボール即ダイエットとはなりません。では、なぜバランスボールでダイエットが可能なのでしょうか。インナーマッスルは体のバランスをつかさどっているので、この筋肉がしっかりしていないと、体にゆがみが生じて、どんなに腹筋をしても、さほど脂肪はついていないのに、おなかが出ている、という困った症状の原因になります。また、従来の筋トレでは、それぞれの大きな筋肉を個別に鍛えるため、ほかの筋肉と「筋肉同士仲良く連動して動きなさい」という働きは生まれません。ですから、どんなに筋肉をつけても転んでしまったり、ちょっと体の向きを変えるだけでケガをしたりするのは、この筋肉の連動性が構築されていないからなんです。

スポンサードリンク

エステ用語解説のボールエクササイズ(バランスボール)のリンクについて

エステ用語解説のボールエクササイズ(バランスボール)のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]ボディカラーリング
>>[次]マタニティヨガ
エステ用語解説のTOPへ
"ボールエクササイズ(バランスボール)"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。