マクロビオティック

マクロビオティックのページを説明

カテゴリ
エステ用語の解説「あ」行
エステ用語の解説「い」行
エステ用語の解説「お」行
エステ用語の解説「え」行
エステ用語の解説「か」行
エステ用語の解説「さ」行
エステ用語の解説「し」行
エステ用語の解説「す」行
エステ用語の解説「た」行
エステ用語の解説「は」行
エステ用語の解説「ま」行
エステ用語の解説「や」行
エステ用語の解説「ら」行
エステ用語の解説「わ」行
サイトマップ
新着記事一覧

マクロビオティック

エステとは、「エステティックサロン」を省略した読み方です。脱毛痩身フェイシャルを中心にした美容のための施設です。マッサージや風俗的な店舗に対しても使用されるようです。エステはその分類によって様々なものがあり、脱毛エステ痩身エステブライダルエステメンズエステインドエステバリエステ韓国エステなど様々なエステがあります。繰り返しになりますが、風俗エステデート商法エステ性感エステなど本来の目的とは逸脱したエステも存在しますので注意が必要です。エステナビエステ ファンなどのサイトもあります。男性向けにメンズエステ ダンディー ハウスがあります。このページで紹介するエステ用語は「マクロビオティック」です。

マクロビオティックは、マクロ+ビオ+ティック(テクニック)の合成語で食事療法のことです。自然界の生物(動物・植物)はそれ自体が完全なものであるという観点から、小麦・大麦・ソバ・トウモロコシ・玄米などの精白していない全粒穀物に新鮮な野菜・緑葉野菜・えんどう豆・ナッツ・豆類・根菜・海草・果物を主体とした食事法です。また、肉・乳製品・鶏も食べますが、食事全体の1パーセントに満たない量で構成されています。マクロビオティックの考案者は日本人の桜沢 如一(さくらざわ ゆきかず)氏です。正食、食養生法として、50年以上の歴史がある食事法です。ダイエットや美容、ストレス解消の食事法という概念が一般的ですが、アトピーやアレルギー、糖尿病や低血糖症、リウマチや自己免疫疾患、ガンなどの重大な慢性病の治療食としても脚光を浴びています。

スポンサードリンク

エステ用語解説のマクロビオティックのリンクについて

エステ用語解説のマクロビオティックのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]マタニティヨガ
>>[次]瞑想
エステ用語解説のTOPへ
"マクロビオティック"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。