ヨガ

ヨガのページを説明

カテゴリ
エステ用語の解説「あ」行
エステ用語の解説「い」行
エステ用語の解説「お」行
エステ用語の解説「え」行
エステ用語の解説「か」行
エステ用語の解説「さ」行
エステ用語の解説「し」行
エステ用語の解説「す」行
エステ用語の解説「た」行
エステ用語の解説「は」行
エステ用語の解説「ま」行
エステ用語の解説「や」行
エステ用語の解説「ら」行
エステ用語の解説「わ」行
サイトマップ
新着記事一覧

ヨガ

エステとは、「エステティックサロン」を省略した読み方です。脱毛痩身フェイシャルを中心にした美容のための施設です。マッサージや風俗的な店舗に対しても使用されるようです。エステはその分類によって様々なものがあり、脱毛エステ痩身エステブライダルエステメンズエステインドエステバリエステ韓国エステなど様々なエステがあります。繰り返しになりますが、風俗エステデート商法エステ性感エステなど本来の目的とは逸脱したエステも存在しますので注意が必要です。エステナビエステ ファンなどのサイトもあります。男性向けにメンズエステ ダンディー ハウスがあります。このページで紹介するエステ用語は「ヨガ」です。

ヨガの起源は4千年から5千年前のインド、インダス文明で生まれました。そして、現在私たちが接しているのは、体の調節のために行う「ハタヨガ」と呼ばれるヨガ。ヨガには、体を動かすこと以外に、瞑想・心理のコントロールを目的とする「ラジャヨガ」、奉仕の精神を養う倫理的な「カルマヨガ」など多数あり、私たちが接しているハタヨガは、多くのヨガ哲学のうちの一つなのです。現在主流となっている「ハタヨガ」は、ハ(HA)は”太陽”を、タ(TA)は”月”を意味し、『陰陽』を表しています。そして、これらを一つに融合させていくことがヨガの目的。太陽と月以外にも、『心と体』、『空と大地』、『男と女』なども対立の関係性が成り立ちます。このように、対立しているものが違いを認め合い、調和・融合していくことがヨガの真意。自然の摂理に逆らうことなく『内と外』のバランスを感じながら生きていくヨガの奥深さは、多くの人の心を魅了しています。ヨガは、ダイエットに対して、とても効果を発揮します。ゆるやかな動作や静止体勢が多いので、脂肪燃焼効率の高い遅筋(白筋)が鍛えられるからです。

スポンサードリンク

エステ用語解説のヨガのリンクについて

エステ用語解説のヨガのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]よもぎ蒸し
>>[次]リフレクソロジー
エステ用語解説のTOPへ
"ヨガ"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。